ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです

  • 点字ファイルダウンロードはこちら
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
文字サイズ(もじさいず)
小(しょう)
中(ちゅう)
大(だい)



本文のはじまりです

目的と沿革(もくてきとえんかく)

はじめに

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、日本語にほんご母語ぼごとしないひと日本語能力にほんごのうりょく測定そくてい認定にんていする試験しけんとして、国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育協会にほんこくさいきょういくきょうかい(げん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかい)が1984 ねん開始かいししました。開始当初かいしとうしょ受験者数じゅけんしゃすう全世界ぜんせかいで7,000にんほどでしたが、2011ねん受験者数じゅけんしゃすう全世界ぜんせかいやく61万人まんにんにのぼり、世界最大規模せかいさいだいきぼ日本語にほんご試験しけんとなっています。
近年きんねん日本語能力試験にほんごのうりょくしけん受験者じゅけんしゃ多岐たきにわたり、その受験目的じゅけんもくてき実力じつりょく測定そくていくわえ、就職しゅうしょく昇給しょうきゅう昇格しょうかく資格認定しかくにんていへの活用かつようなど、変化へんかひろがりがられるようになりました。試験しけんかんする要望ようぼう提言ていげんされました。
そこで、国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかいでは、試験開始しけんかいしから25ねん以上いじょうあいだ発展はってんしてきた日本語教育学にほんごきょういくがくやテスト理論りろん研究成果けんきゅうせいかとこれまでに蓄積ちくせきしてきた試験結果しけんけっかのデータなどをもちいて日本語能力試験にほんごのうりょくしけん内容ないよう改定かいていし、2010ねんからあたらしい日本語能力試験にほんごのうりょくしけん実施じっしすることとしました。

目的もくてき

原則げんそくとして日本語にほんご母語ぼごとしないひと対象たいしょうに、日本語能力にほんごのうりょく測定そくていし、認定にんていすることを目的もくてきとしています。

主催者しゅさいしゃ

国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかい共催きょうさい実施じっししています。
海外かいがいでは国際交流基金 こくさいこうりゅうききん各地機関かくちきかん協力きょうりょく実施じっししています。(台湾たいわんでは公益財団法人こうえきざいだんほうじん交流協会 こうりゅうきょうかい共催きょうさい実施じっししています。)日本国内にほんこくないでは日本国際教育支援協会 にほんこくさいきょういくしえんきょうかい実施じっししています。




日本語能力試験とは(にほんごのうりょくしけんとは)

  • 主催者あいさつ(しゅさいしゃあいさつ)
  • 目的と沿革(もくてきとえんかく)
  • 日本語能力試験のメリット(にほんごのうりょくしけんのめりっと)
  • 4つの特徴(4つのとくちょう)
  • N1~N5:認定の目安(にんていのめやす)
  • 旧試験との比較(きゅうしけんとのひかく)
  • 日本語能力試験Can-doリスト(にほんごのうりょくしけんCan-doりすと)
日本語能力試験の実施日(にほんごのうりょくしけんのじっしび)
  • 第1回:2017年7月2日(日)(だい1かい:2017ねん7がつふつか(にち))
  • 第2回:2017年12月3日(日)(だい2かい:2017ねん12がつみっか(にち))
海外かいがいでは、7がつ試験しけんだけおこな都市としや、12がつ試験しけんだけおこな都市としがあります。こちら確認かくにんしてください。

本文のおわりです